【30%OFF】イノヴァ―フロアセール開催中


お問い合わせ
お見積り


専用金具
購入


お部屋
実例

住宅や店舗、オフィスで人気の床材は?種類と特徴を解説

床材について 2023.12.14

フローリング、畳、タイル・・・「床材」とひとくちに言ってもさまざまな種類があり、それぞれ素材や見た目、耐用年数などが異なります。

今回のコラムでは、住宅とオフィスや店舗で人気の種類を、特徴を説明しながら紹介していきます。ぜひ最後までご覧になって、床材選びの参考にしてください。

住宅で人気の床材の種類と特徴

床にフローリングを施工する様子 フローリング 床材 北欧の森

住宅で人気なのは、フローリング、畳、フロアタイルの3種類です。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

フローリング

住宅で最も人気なのが、フローリングです。フローリングには、1枚板を加工した無垢(単層)フローリングと、三層でできた三層フローリング、合板に天然木や化粧シートを張り合わせた複合フローリングの3種類があります。

フローリングについてまとめたコラムがありますので、ぜひこちらもご覧になってください。

【読みもの】板・構造について

洋風の住宅が増えた今でも、畳は根強い人気があります。ひと昔前の畳といえばイグサとワラで作られた長方形のものでしたが、最近は正方形の「琉球畳」が主流。

カラーバリエーションが豊富で洋室との相性がよく、88cm×88cmサイズでコンパクトな和室にも敷けるのが人気の理由です。

フロアタイル

塩化ビニルでできたフロアタイルは、耐久性や耐水性の高さからオフィスや店舗で人気の床材ですが、最近では住宅に取り入れる方も増えてきています。

フロアタイルが人気の理由は、ラインナップの豊富さです。大理石やモザイクタイル、モルタルなどのさまざまな柄があるので、好みや室内のテイストに合わせてデザインを選べます。

リビングなどを大理石調にする方もいれば、フロアタイルの耐水性が活かせるトイレや洗面、キッチンなどの水まわりのアクセントに選ぶ方もいます。

ただしフロアタイルは継ぎ目が多く、隙間に水が入りやすい点がデメリット。水まわりに施工する場合は、ボンドを使わない吸着タイプのものや、耐水性が高いボンドを使って施工するなどの工夫が必要です。

クッションフロア

クッションフロアもフロアタイルと同じく、塩化ビニルでできています。フロアタイルとの大きな違いは、クッションフロアはクッション付きのシートになっていることです。

耐水性やメンテナンス性に優れており、施工が簡単で安価なことから、最近ではマンションやアパートなどに多く取り入れられています。転倒したときの衝撃が少なく足腰にもやさしいので、小さなお子さんやペットがいる家庭でも人気です。

ただし見た目はフローリングでもあくまでシートなので、傷がつきやすく劣化が早い点がデメリットです。10年ほどで貼り替えが必要になります。

リノリウム

リノリウムは、イギリス生まれの床材です。亜麻仁油の酸化物に、石灰岩・松ヤニ・コルク粉などを混ぜて作った天然素材なので、環境と人にやさしく、抗菌・抗ウイルス作用も期待できることから近年注目されています。

天然素材でできているため、他の床材と比べて初期費用は高くなりますが、耐用年数が30〜40年ととても長いので、ランニングコストで考えればコストパフォーマンスは決して悪くありません。ただしリノリウムは施工できる業者が限られるため、必ず業者に確認しましょう。

オフィスや店舗で人気の床材の種類と特徴

床に敷き込みカーペットを施工する様子 カーペット 床材 北欧の森

続けて、オフィスや店舗で人気の床材を紹介していきます。

モルタル

砂・セメント・水を混ぜ合わせて作るモルタルは、表面がサラリとしていて無機質感のある床材です。耐水性と耐久性の高さやインテリアや植物との合わせやすさから、美容院や飲食店などに多く取り入れられています。

住宅内に使うイメージはあまりないかもしれませんが、最近では玄関部分に施工して、「土間リビング」を設ける方が増えています。土足で歩けるだけではなく、掃除のしやすさも人気の理由です。

ただしモルタルはとても硬いので、小さなお子さんやペットがいる場合は、安全面もしっかりと検討する必要があります。

カーペット

柔らかな肌ざわりで足への衝撃が少ないカーペットは、オフィスで人気の床材です。ひと昔前のカーペットは汚れのつきやすさが欠点でしたが、最近では汚れがつきにくいウール素材の商品が増えたことから、家庭でも敷きこみのカーペットが多く取り入れられています。

ただしカーペットは、他の床材と比べて初期費用が高い点がデメリット。よく踏む部分は5〜7年ほどでヘタってくるため、定期的な敷き替えが必要です。

見た目や特徴、質感などから場所に適した床材選びを

フローリング一択と思われがちな床材ですが、さまざまな種類があります。
見た目はもちろん、耐用年数や価格も異なるので、住宅のテイストや予算などから、どの種類がいいのか考えてみましょう。写真だけでは質感がわからないので、ショールームでの見学がおすすめです。

北欧の森では木の質感を楽しめる無垢フローリングや、傷や汚れがつきにくいラミネートフロアを取り扱っておりますので、ぜひ商品ラインナップのページからご覧になってくださいね。